個別指導塾のデメリット

学習のペースとやる気の維持が難しい

個別指導塾は、一人ひとりの生徒の理解度に合わせた授業をしてもらえる反面、簡単すぎる内容にとどまってしまったり、学習のペースがゆっくりになってしまうことも少なくありません。いまの自分の理解を超えた内容にチャレンジしていかないと、学習の効果は出にくいものです。分かる内容を扱ってくれる安心感に甘えるのではなく、講師と相談しながら苦手を強化したり進度を維持したりする努力が必要です。

やる気を維持することが難しいという点も、デメリットの一つです。一緒に頑張る仲間がいないことで、学習の進み具合に不安を抱えたり、続ける意欲を失ってしまったりすることもあります。大きな目標を明確にし、いま何をすべきなのかを考えて日々の学習にのぞむ必要があります。個別指導塾は、自分に合った授業をしてくれる指導形態ではありますが、生徒が自己管理しなくてはいけない部分も多いのです。

講師や指導の質が期待通りでないことも

個別指導塾は生徒数に対して必要な講師数が多いため、講師を大量募集、大量採用することも多く、集団指導の塾と比べて採用基準が甘いこともしばしばです。アルバイトの大学生や、指導経験が浅い人も少なくないと考えておきましょう。指導能力や知識は講師一人ひとり異なっていて、指導方法や内容にも大きく違いが出てきます。講師管理、授業管理が十分にできていない塾では、質の低い指導が行われている場合もあります。

指導の質の良し悪しは授業を受けている生徒本人には分からない部分も多いため、入塾前の情報収集は必須です。信頼できる講師が多いか、講師の経歴や実績はどうかなど、口コミを集めたり塾に問い合わせてみるなどして、期待通りの指導を行ってくれそうな塾かどうかをしっかりと見極める必要があります。

中学受験の個別指導は前年度の復習をしながら、個別で自習室において、学習をするので、高度な学力が身に付きます。