個別指導塾のメリット

気が散りやすい子でも集中しやすい環境

個別指導塾のメリットとして重要なのが、集団指導塾や学校の授業では上手く集中できなかった子でも、個別指導塾ならのびのびと学習できる可能性が高くなることです。子供というのはまだ感覚器官が非常に敏感で、周囲の音や動きが無視できない繊細な子も多い傾向にあり、そういった子は集団の中での学習が上手くいかないことも多々あります。そしてそうした学習環境では勉強そのものに苦手意識を持っているため、家での宿題でもその環境を思い出して上手く集中出来ないという傾向が見られます。個別指導塾ではそうしたたくさんの音や動きといった気の散る要素が非常に少ないですし、先生が丁寧に教えてくれるので知識の吸収もスムーズに進みやすく、勉強に対する苦手意識を払拭するのには最適な環境と言えるでしょう。

勉強に置いていかれることがない

集団指導塾が学校の授業では先生一人で20人から30人程度の、非常に多くの生徒を受け持つことになり、生徒一人一人の歩調に合わせる事は実質的に不可能に近いでしょう。そのため多くの場合では過半数がついていけるペースを維持することになり、少数の「授業についていけない子」が生まれてしまう現状があります。しかし個別指導塾なら生徒と教師はマンツーマンなので、生徒が付いてきていないのに授業内容だけが先に進んでしまうということは基本的にありえません。生徒が分かるまで先生がつきっきりで指導してくれますし、生徒に合った教え方を試行錯誤して、より分かりやすく伝えてくれるよう努めてくれるので、子供も授業に対して苦手意識を抱きにくいというメリットがあります。

中高一貫校では定期テストの難易度が高く、授業の進み具合が早いといった特徴があります。中高一貫の塾はそのような特徴に対応した指導を行っています。専用の教科書を用いて、優秀な講師が指導にあたります。