集団塾との違い

月々支払う月謝の違い

我が子を塾に通わせる上で無視できないポイントが、月謝の違いです。集団指導塾は講師一人辺り十数人から数十人の生徒を受け持つ形になるため、生徒一人あたりの受講料は安くなる傾向にあります。これと比べると個別指導塾は教師一人に対して生徒一人のマンツーマン形式であり、たった二人で授業用のスペースも専有してしまうことからかかる経費は大きくなるため、必然的に受講料も集団指導塾と比べるとかなり高くなってしまうでしょう。しかし子供の性格によっては集団指導塾に合わず成績が上がらないこともあり、その場合はいくら受講料が安くても意味がありません。個人指導塾はマンツーマンで子供一人一人にあった方法を模索するため成績が上がらないという可能性も低く、多少高い受講料でもそれが全くの無駄になることはないと言えます。

落ち着いた環境で子供のペースを大事にできる

集団指導塾では他の子供達のたてる音や動きが気になって集中できなくなってしまうため、繊細な子では勉強に集中できません。また必然的に周囲との競争を意識させられるため、誰かと競うことが苦手な優しい子にも不向きな環境と言えるでしょう。加えて集団指導塾では講師も生徒一人一人を見ている余裕はないので、授業についていけなくなった時は一気に成績が落ちてしまうという傾向が見られます。個別指導塾では雑多な環境や音は無いので授業に集中することができますし、競争相手を意識しないため自分のペースで勉強に集中することができます。また講師も生徒一人に集中してカリキュラムを組んで授業をできますし、子供が勉強に詰まってしまった時もすぐに色々な方法を試して子供に合った勉強方法を模索してくれるので安心感が高いでしょう。

夏期講習とは、学校が夏休みの期間に特別に開かれる授業のことです。学校でも学習塾でも実施されています。時間的に拘束されるという点ではマイナスに感じてしまいますが、学習機会が確保できる点はプラスです。