個別指導塾に向いている人

平均点ちょうどから平均点より少し上の学力の生徒さん

個別指導塾に向いている生徒さんは、大体平均点ちょうどから平均点より少し上くらいの点数が取れる生徒さんと言われています。平均点ちょうどくらいの生徒さんに多いのは、授業の内容は大体理解できる基礎力はあるけれど、集団授業のペースが速すぎたり、わからないところをそのまま放置してしまうタイプです。こうした生徒さんには個別指導塾で自分のペースに合った授業を受けることで成績が伸びる可能性が高いです。

また平均点より少し上の点数が取れる生徒さんに多いタイプは、授業内容を理解して自分で勉強もできるが、さらに上の成績をとるためには少し勉強方法の改善が必要という生徒さんです。個別指導ではそうした集団塾よりも勉強方法の改善なども指導することが可能ですので、さらなる成績上昇が期待できます、

私立の学校に通っている生徒さん

私立の中学・高校は公立校と異なり、独自の教科書や問題集を使用している場合や、授業形態自体が独特であることが多いです。また公立校と同じ教科書や授業形態であっても、授業進度や難易度が公立校とは比べ物にならないほど早かったり、高難易度であることがほとんどです。こうした場合、集団指導塾では各私立校ごとに授業ペースや難易度を調整することが難しいのが現状です。 そういった私立の中高に通われてる生徒さんには、学校に応じたそれぞれの進度や難易度に調整した授業を行うことが望ましいと考えられます。個別指導塾ではそうしたそれぞれの生徒さんに合わせた、質の高いオーダーメイドの授業を受けることが出来る点が大きな強みです。